まんが日本昔ばなし DVD 第35巻

第35巻について

まんが日本昔ばなしDVD第35巻の内容の紹介です。
第35巻のみではDVD1枚で本編45分。DVD-BOXでは第7集に入っています。
下のサイトでは定価2,800円を特価で販売しています。
通常は送料無料です(一部地域をのぞく)。

収録作品

二人の甚五郎(ふたりのじんごろう)
昔、飛騨の山奥に佐吉という男が住んでいました。佐吉は彫り物が上手で、腕試しの旅に出かけました。
旅の途中、泊まった宿屋の主人が、佐吉の腕前にたいへん感心しました。そして彫り物の名人である左甚五郎(ひだりじんごろう)に佐吉の事を紹介しました。左甚五郎に腕を見込まれた佐吉は、日光東照宮の山門のネコを彫ることになりました。
日光東照宮の仕事が終わって、甚五郎や他の弟子たちと一緒に、ご馳走とお酒で祝賀会を開きました。
夜中にみんなが酔っ払って寝込んでいる間、佐吉の彫ったネコが抜け出して、ご馳走を食い荒らしてしまい、、、。
演出:若林常夫
伝承地:日光東照宮
よいしあん谷(よいしあんだに)
昔、岩周防の国にある関戸村のいやずけ谷というところで、一人の猟師が獲物を探していました。
雨が降っていたので、両氏は鳥屋(とや、小屋のこと)の中で、じっと獲物が現れるのを待っていました。
鳥屋の中からふと外を見ると、ガマガエルがミミズを食べるところをみつけました。すると今度は白蛇がそのガマガエルを飲み込んでしまいました。さらに突然キジが現れて白蛇を襲いました。
猟師はこれらの出来事に驚きましたが、せっかくの獲物とキジに鉄砲を向けました。
すると今度は、キジを狙ってヤマネコが飛び出してきました。
キジを食べ始めたヤマネコに鉄砲を向けると、今度は大きな熊がやってきました。熊はヤマネコを倒すと、ヤマネコをくわえてやぶの方へ行ってしまいました。
猟師は熊のあとを追いかけて、、、。
演出:小林治
伝承地:岩国市
鬼のつめ(おにのつめ)
昔、皆から嫌われ者の悪徳婆さんがおりましたが、とうとう死んでしまいました。それで、お寺の和尚さんが婆さんの葬式を行うことになりました。
葬式の前の夜のこと、お寺で1人きりの和尚さんは後ろを見ると、恐ろしい赤鬼と青鬼がいるのに気がつきました。鬼達は地獄から来たようで、「婆さんは地獄行きが決まったから余計な手出しはするな」と和尚さんに言いました。
和尚さんはそれを断ると、鬼達は和尚さんを地獄へ連れて行こうとしました。そこで和尚さんが必死に念仏を唱えると、鬼達はいなくなりました。
葬式の日、行列が歩いていると突然強い風が吹いて和尚の経文がとばされました。そして黒雲が突然現れ、なんとそこから鬼の手が出て来て婆さんの棺桶を持っていこうとして、、、。
演出:小林治
伝承地:栃木県
その他
演出:
伝承地:

彫り物師、猟師、和尚さん、男っぽい主人公達が活躍するお話でまとまったDVDになっています。