まんが日本昔ばなし DVD 第27巻

第27巻について

まんが日本昔ばなしDVD第27巻の内容の紹介です。
第27巻のみではDVD1枚で本編45分。DVD-BOXでは第6集に入っています。
下のサイトでは定価2,800円を特価で販売しています。
通常は送料無料です(一部地域をのぞく)。

収録作品

力太郎(ちからたろう)
ある村に風呂に入らない、ものぐさなお爺さんとお婆さんがおりました。
ある日のこと、自分たちの垢を集めて人形を作ったところ、その人形が動き出し、ご飯まで食べました。
そして男の子として大きくなったある日、力試しの武者修行に行くと言いました。
そこで百貫目の鉄棒を作ってもらい、力太郎という名前を貰って旅に出たのでした。
旅の道中で、御堂っこ太郎と石っこ太郎に出会い、力比べをして勝って家来として一緒に旅を行くのでした。
そしてある町に着いたときのこと、町は静まりかえっていて人の気配がまったくありません、、、。
演出:光延博愛
伝承地:不明
狩猟の四天王(しゅりょうのしてんのう)
昔、九州に4人の狩りの名人がおりました。
山石原の次郎左衛門(じろうざえもん)は、大阿蘇の主の大イノシシを一発で仕留めたのでした。
堀川の金右衛門(きんうえもん)は、一日で兎を百羽もとったことがあります。
岡上の善兵衛(ぜんべえ)は、夜撃ちでカモを百羽もとったことがあります。
谷汲川の遊太郎(ゆうたろう)は、九州一の人さらいの大鷲を一発で撃ち落としたのでした。
これほどの名人ともなると、かえって山へなかなか入らなかったので、四人の嫁さんたちは暮らしに困って内職を助け合い、なんとか暮らしておりました。
ある朝早く、善兵衛が山へ入ったのでした。同じ時に、遊太郎もまた山へ入っていきました、、、。
演出:もりまさき
伝承地:大分県
山伏石(やまぶしいし)
平泉にある尊寺から西へ半里ほどいったところに、戸河内川(とかないがわ)という川が流れていました。
ある日のこと、この戸河内川に沿って若い山伏が歩いておりました。すると、草履を川に流されて困っていた美しい女と出会いました。
その女に「自分をおぶって一つ上のコトガ滝まで運んでほしい」と頼まれます。
山伏が女を背負ってコトガ滝まで運び、帰ろうとした際に、女の腕にうろこが生えている事に気が付きました。
実は、女はビワガ滝にすむ妖怪で、コトガ滝に住む夫に会いに来たのだと言ました。そして、この事を誰かに言うと石にしてしまうぞ、と言うのでした、、、。
演出:亜細亜堂
伝承地:不明
貧乏神と福の神(びんぼうがみとふくのかみ)
昔、ものすごく貧乏な男がおりました。実は、それは家に貧乏神が住んでいたからなのでした。
その暮らしを見かねた村の人たちが、その男に嫁さんを世話してやりました。
嫁はとても働き者で朝から晩まで良く働きました。それにつられて男もせっせと働きました。
すると貧乏神はだんだん居づらくなってきました。
ある年の大晦日のこと、夫婦が年越しの支度も済ませて正月を迎えようとしていると、天井裏から泣き声が聞こえてきます。
見てみると貧乏神が泣いていたのでした。そして「明日福の神がやってくるので、それまでに家を出なくてはならない」と言うので、、、。
演出:近藤英輔
伝承地:不明

コメント

5歳以上の子供ならわかるお話。力太郎は結構有名な昔話で落語にもなっています。
貧乏神と福の神のお話も落語になっており、おもしろいお話です。