まんが日本昔ばなし DVD 第23巻

第23巻について

まんが日本昔ばなしDVD第23巻の内容の紹介です。
第23巻のみではDVD1枚で本編45分。DVD-BOXでは第5集に入っています。
下のサイトでは定価2,800円を特価で販売しています。
通常は送料無料です(一部地域をのぞく)。

収録作品

河童のくれた妙薬(かっぱのくれたみょうやく)
ある村で子供達が相撲をしていると、見慣れない小さな子供がやってきます。
その子になら勝てると思った村のある子供が勝負を挑むと、なんともその子は見かけによらず強いのでした。
それを見た村の元気な男の子が、その小さな子と相撲します。
最後になんとか小さな子供に勝つと、その子は「明日何も食べずにやってきてまた勝負しよう」というのでした、、、。
演出:児玉喬夫
伝承地:不明
そうめん地蔵(そうめんじぞう)
今からおよそ400年ほど前のことです。栃木県の氏家(うじいえ)というところに小さな地蔵寺がありました。そしてそこには気の優しい住職が一人で住んでおりました。
ある日住職は殿様からの頼みを受けて、日光へとお殿様の代わりにお参りに行きました。
帰り道、滝尾別所という谷川のあたりでお腹がすいた住職は、別所に立ち寄って「そうめんを一杯ご馳走して下さい」とお願いしました。
すると別所の坊さん達はなにやら薄気味悪い笑いを浮かべながら、お堂に招き入れました、、、。
演出:こはなわためお
伝承地:栃木県
狐とタニシ(きつねとたにし)
昔ある所に、足が速いと自慢しているキツネがおりました。
そして足の遅いタニシをバカにしたところ、「そんなに足が速いのなら、都まで競争しませんか?」と、タニシはキツネに話を持ちかけ、勝負することになりました。
演出:殿河内勝
伝承地:岩手県北上市
鬼っこ人っこ(おにっこひとっこ)
昔、里にすむ娘が鬼にさらわれ、やがて「できぼし」という男の子が生まれました。
しばらくたって里の爺さんが娘に会うために鬼の家に訪ねます。
その晩、美味しそうな爺さんを食べたくて仕方がなかった鬼は、皆が寝てから長い舌を爺さんの方に伸ばしますが、できぼしがそれを許しません。
つぎの日、鬼が出かけている間に三人はこっそりと里へ逃げ帰る事になり、、、。
演出:高橋良輔
伝承地:福島県

コメント

かっぱ、おじぞうさん、動物、鬼。日本の昔話によくでてくる生き物が4話に登場します。
それぞれの生き物の特徴がよく現れたお話になっており、お子さんが楽しんで見られる内容のDVDになっています。