まんが日本昔ばなし DVD 第17巻

第17巻について

まんが日本昔ばなしDVD第16巻の内容の紹介です。
第16巻のみではDVD1枚で本編45分。DVD-BOXでは第4集に入っています。
下のサイトでは定価2,800円を特価で販売しています。
通常は送料無料です(一部地域をのぞく)。

収録作品

ひょうたん長者(ひょうたんちょうじゃ)
昔、観音様を深く信仰しているおじいさんがおりました。いつものように観音様をお参りした後に石の階段を下りていると、人の足音がする。でも振り向いても誰もいません。その代わりに後をついてきたのはヒョウタンでした。そのヒョウタンの中には小さい男の子が2人入っていました。名前はキンシチとマゴシチといいました。
おじいさんは2人をヒョウタンと一緒におばあさんのところに連れて帰りました。翌朝おじいさんが起きると、すでに朝食ができていてビックリ。すると2人は「このヒョウタンからは欲しいものが何でもでてくる」と言って、、、
演出:辻伸一
伝承地:不明
ねずみ経(ねずみきょう)
むかしある小さな村におばあさんがおりました。最近おじいさんが亡くなり、一人さびしく暮らしていたそうです。毎日仏壇に手を合わせて過していたある日、1人のお坊さんが家にやってきました。
おばあさんは、お坊さんを丁寧にもてなしました。ずいぶんとたくさんご飯をたべる坊さんでしたが、おばあさんは最後にお茶を出し、「仏壇の前でありがたいお経を唱えてほしい」と頼みました。
ここでお坊さんは驚きました。実はこのお坊さんはニセ坊主だったのです。でも断ることができず、仏壇の前にすわり、、、
演出:高橋良輔
伝承地:長野県
内裏びな(だいりびな)
むかし、安芸の国に和泉屋(いずみや)さんという大きな店がありました。この店にはお菊という美しい娘がおりました。そのお菊が可愛がる内裏びながこの店には古くからあり、お菊はそれをもって岩国の白銀屋の孫三郎のところに嫁に行きました。
ところが元気だったお菊は病気になり、あっという間に死んでしまいました。
悲しみにくれる孫三郎は、お菊が大事にしていた内裏びなを見るたびに悲しくなるので、人形をお菊を可愛がってくれていた長谷屋さんのお婆さんに貰ってもらうことにした、、、
演出:しもゆきこ
伝承地:山口県岩国市
天狗がみこんだ男(てんぐがみこんだおとこ)
演出:フクハラ・ヒロカズ
伝承地:山梨県

コメント

ひょうたん長者、ねずみ経など、楽しいお話が3話と少し悲しい1話がセットになっています。
ねずみ経は落語できくとすごく面白い話で、子供と一緒に「~でそうろう」と遊べておすすめです。
内裏びなは、家族の死について子供が心で感じることのできる内容です。