まんが日本昔ばなし DVD 第13巻

第13巻について

まんが日本昔ばなしDVD第13巻の内容の紹介です。
第13巻のみではDVD1枚で本編45分。DVD-BOXでは第3集に入っています。
下のサイトでは定価2,800円を特価で販売しています。
通常は送料無料です(一部地域をのぞく)。

収録作品

かもとりごんべえ
かもとりごんべえという鉄砲撃ちがおりました。鉄砲の腕前はまるでダメでしたが、カモを百羽とりたいと考えた方法とは、冬に池にいるカモを捕まえるということでした。冬の夜、池にいくと、池の水もカモも凍りついます。一度に全部捕まえようと、カモの首に縄をつけていき、そうして九十九羽を生け捕りにして、家へと持って帰ることにしました。家へと向かう途中で朝になり、カモたちは目を覚まして一斉に飛び立ちました、、、
演出:小華和ためお
伝承地:不明
正直庄作の婿入り(しょうじきしょうさくのむこいり)
昔、村人全員が美しい顔立ちをしている村がありました。ところが一人だけ庄作という男だけは不細工な顔をしていました。ですが根っからの正直者で働き者で、村人にイヤなことをされてもいつもニコニコとしておりました。ある日急にさびしくなり、嫁さんがほしくなりました。それを知った狐は庄作に、、、
演出:高橋良輔
伝承地:山口県岩国市
念仏の鼻(ねんぶつのはな)
瀬戸内海に浮かぶ小さな島に一人のやまんばが住んでおりました。
ある日、船頭の親子が海に出ておりましたが風が強く、仕方なくこの小島に船を付けました。
焚き火をしているところに、大きな山姥が現れ、おそろしくなった親子は隙をみて船で逃げ出しました。
船が海岸から離れて、岬の先端に近づくとそこには山姥が立っていて、、、
演出:前田康成
伝承地:香川県小豆島。岬のことを「鼻」といい、その近くで親子が念仏をとなえたことが名前の由来になっている。
鳥になった傘屋(とりになったかさや)
むかし河内の国に傘屋をしているセイやんという若者がおりました。家族は誰もいませんでしたが、朝から晩まで傘を張る仕事をしていました。
ある日のこと、風に飛ばされた傘をつかまえると体がふわりと浮きました。これから「人間が空を飛べる傘」を作ろうと思いつきます。昼も夜も空が飛べる傘作りに取り組み、ついに成功しました。
空飛ぶ傘の噂はひろまり、大阪の殿様の耳にも入ります。ですが殿様は、この傘を戦争で使うために買いたいということで、それを聞いたセイやんは、、、
演出:山田みちしろ
伝承地:大阪府

コメント

子供が大好きなお話「かもとりごんべえ」、傘屋の「セイやん」、どちらも空を飛んでいきます。
全体的に明るい印象になっており、気軽に楽しんで見ることができます。